【40代ファッション・女性】秋冬のコーディネートはコートが決め手!

スポンサーリンク

ご覧頂きありがとうございます!番組衣装担当のモナです。

今回は『【40代ファッション・女性】秋冬のコーディネートはコートが決め手!』というテーマでお送りしていきたいと思います。d( ̄  ̄)

40代ファッションに欠かせないのは上品でナチュラルな雰囲気。

そんな雰囲気をまとまった海外のお洒落マダムのコーディネートを厳選してまとめてみました。後半には海外マダムでは無く、WEARスナップ写真も搭載していますので、そちらも参考にして頂ければ。d( ̄  ̄)

40代がお洒落に思われる4つのポイント

上品でナチュラルな雰囲気

40代女性がお洒落に思われるポイントは『上品でナチュラルな雰囲気』である事です。

若い世代にはない雰囲気を醸し出している40代女性は男女共に魅力的ですよね。若い世代に憧れる持たれるような装いが40代マダムには欠かせない要素となります。

もちろんカジュアルな服装でも上品さとナチュラルさは出す事はできます。女優の石田ゆり子さんが良い例ですよね。

石田ゆり子さんはカジュアルな服装でもどこか上品さとナチュラルさがあります。石田ゆり子さんのような女性は本当に素敵ですよね。d( ̄  ̄)

綺麗な色使い

『綺麗な色使い』は40代秋冬ファッションには欠かせない要素の1つです。

綺麗な色使いの定義は、ガチャガチャした色合いではない!と、言う事です。できればシンプルな色使いが理想とされますが、服装によっては例外がある事もあります。

基本的には『綺麗な色使い』を意識していきましょう。d( ̄  ̄)

若い世代には無い色気

40代にもなるとやっぱり『若い世代には無い色気』が出てきます。

そこを活かすも、活かさないもあなた次第にはなるのですが・・・私としては生かして欲しいな〜と思います。

篠原涼子さんのような色気と可愛さが混ざったような素敵な女性にあって欲しいんですよね。ですが『色気』に関しては、服装を変えれば出せる事もあります。

その辺りも今からご紹介する40代秋冬ファッションコーデでご紹介していきたいと思います。

コートにこだわる

40代の秋冬ファッションに欠かせないのが、『コートにこだわる』事です。

秋冬の定番アイテムでもある『コート』。春まで使えるものもあり、非常に重宝するアイテムですよね。

トレンドを追いかけるのもアリなのですが、自分らしいコートスタイルを今からご紹介するコーディネートで見つけてみてください。d( ̄  ̄)

海外女性から学ぶ40代がしたい秋冬コーディネート

グレーのチェスターコートが素敵

引用:https://jp.pinterest.com

シンプルなカラー、デザインのアイテムを使った上品な大人カジュアル。

サングラスやコートのボタン、腕のロールアップ、パンツ、パンプスと黒をコーディネートの全体に散りばめることによってまとまっています。

ラフにまとめたヘアや、腕のロールアップ、やわらかい素材のシャツのレイヤード、裾が切りっぱなしのパンツなどでほどよくカジュアルダウン。

女性らしさのポイントはやはりヒール高めのポインテッドパンプス。

グレーのニットが大人可愛い

引用:https://jp.pinterest.com

個性的な形のざっくりニットがかわいいですね。

首元のたるみ具合や大きな肩落ち、裾のカット、丸みのあるシルエットなど、凝ったデザインのニットを主役にほかのアイテムはシンプルに。

ミモレ丈のタイトスカートや小ぶりなクラッチバッグは白、スリムなショートブーツは黒と、色合いをはっきりさせることでさらにギャップをつくることで、ニットを引き立てています。

上品でナチュラルな雰囲気を演出

引用:https://jp.pinterest.com

タートルニットがモードな印象に。

ポイントはレースのタイトスカートとのバランスです。正面より横の一か所にニットをインして、左右から違う分量引き出すとアシンメトリーになります。

腕まくりをすると、よりすっきりしてシルエットに動きが出ます。

ニットを女性らしく着るには、やはり抜け感作りが大切。腕まくりで手首を見せたり、素足にパンプスで足のラインを出すとぐっと女っぽく。

大胆なタートルネックで個性的に

引用:https://jp.pinterest.com

個性的なニットの着こなしですね。

オフタートルニットのネック部分を立てると口元がすっぽりと隠れ、首元がたるむ独特な形に。

主役のニットやファーバッグ、ぺたんこシューズをベージュ系のヌーディーなカラーでまとめると、カジュアルなアイテムも品よくナチュラルにまとまります。

ベージュのワントーンやスキニーデニムのカットオフは一気におしゃれに仕上がるトレンド。

アイテムの組み合わせが絶妙

引用:https://jp.pinterest.com

ゆるゆるのハイネックニットとスタイリッシュなアイテムとのバランスが絶妙ですね。

ネック部分がしっかりとあり、肩落ちのデザインで手もすっぽり隠れる、カジュアルになり過ぎそうなゆるいシルエットのニット。

しかし、大きなスリットの入ったペンシルスカートや、素足になじむベージュのハイヒールの組み合わせで一気に色気が。

小ぶりなクラッチバッグも含め同系色で合わせることで、Iラインの強調やナチュラルな印象を与える効果も。

スカートの色使いが素敵

引用:https://jp.pinterest.com

もこもこのオフネックニットは子どもっぽくなってしまいがちですが、周りのアイテムを大人っぽくまとめるとギャップができておしゃれに。

光沢のあるボトムスとカラーを合わせたサンダルでヌーディーな足元にまとまっています。

グリッターなシルバーの小さめリュックに個性が光っています。大きめのリングやさりげないピアス、サングラスなどの小物が大人。

上品なホワイトコーデ

引用:https://jp.pinterest.com

一つ一つのアイテムに個性があるため、白と黒のみのカラーリングでアイテム数が少ないシンプルなスタイリングでも十分華やか。

ニットは一見ビッグシルエットですが、肩や全面のラインが体に沿っているため、余っている部分との対比で華奢に見える絶妙なデザイン。

タイトスカートとの相性がとても良いです。カラーはニットとスカートともに白ですが、格子柄が入ることで程よくにぎやかに締めてくれます。

大人可愛いプリーツスカートコーデ

引用:https://jp.pinterest.com

鮮やかなボルドーが印象的なコーディネート。

濃いめのきれい色を取り入れる際は抜け感を作るのが鉄則です。透け感のあるトップスやスカートの裾から見える素足がポイントに。

プリーツスカートと少しきちんと感のあるショルダーバッグは相性抜群。

ジャケットなどを合わせるとトラッドな雰囲気になりますが、トップスやシューズなどほかのアイテムでカジュアルダウンすると普段使いしやすいです。

クールな大人の雰囲気を演出

引用:https://jp.pinterest.com

黒白はっきりしたシンプルなスタイリングでかっこいいですね。

すとんとストレートなフルレングスのワイドパンツが男前。このコーディネートの主役といってもいいのではないでしょうか?

細身な白ニットや小ぶりなショルダーバッグで、華奢な女性らしいシルエットを強調することでレディな雰囲気に。

サングラスで勝気なセレブ感を演出、取れば女性らしくなります。

上品なセレブリティファッション

引用:https://jp.pinterest.com

ファーマフラーの先端の鮮やかなブルーが印象的ですね。

厚めのネイビーのコートにルイヴィトンの黒ショルダーバッグとシックな装いですが、ファーマフラーやサングラスで一気にモードな雰囲気に。

重くなりがちな冬のコートスタイルですが、マフラーやストールで遊ぶと印象が変わります。特にファーは暗い色でも重くなり過ぎず、冬のおしゃれの必須アイテムです。

さて、続いては、WEARスナップを参考に40代秋冬コーディネートをご紹介していきたいと思います。

日本の40代マダムも海外女性に負けず劣らずなファッションなので、要チェックですよ。d( ̄  ̄)

WEARに学ぶ40代女性の秋冬コーディネート

ピンクのマフラーでアクセント

引用:http://wear.jp/yo1ko234/6184041/

黒のコーディネートに鮮やかなピンクの小物で色味をプラス。

お洋服はすべて黒なのに、ピンクが程よく差し色になってまったく暗くありませんね。

リバーシブルのストールは、片面が派手な色でも調節がしやすく、片面だけや両面をねじるなどのアレンジもきく便利アイテム。

長めの丈のチェスターコートや上品なロングブーツを合わせられるのは、大人ファッションの特権ですね。

上品なカジュアルスタイル

引用:http://wear.jp/absion/5888332/

ニットアウターにデニム、スニーカーと冬ならではのシンプルカジュアル。

シンプルなコーディネートだからこそディテールが輝きます。ニットアウターのたぽっとした袖がかわいらしいですね。

首元のデザインや短めソックスなどがさりげなくポイントになっています。全体に淡い色味ですが、濃いネイビーのトートバッグがバランスをとってくれています。

カジュアルだけど、どこか綺麗な雰囲気

引用:http://wear.jp/jkst74518/3437648/

冬のカジュアルといえばダッフルコートですよね。

丈が長めのものを選べばおしりも隠せて体型カバーにも。上下白のコーディネートでIラインを強調、さらに長めの丈のコートを羽織って縦長効果も。

シャツとレイヤードしたトップスはクロップドで目線を上に持っていくことができます。

迷彩のエコバッグやちらっと見えるボーダー靴下もポイントに。シンプルそうに見えてテクがいっぱい詰まったコーディネート。

ピンクが可愛いフォーマルスタイル

引用:http://wear.jp/min3150/6295285/

フェミニンでフォーマルな装い。

ふくらはぎまであるチェスターコートはすとんとした形がきれい。パンツはアンクル丈でヒールパンプスから見える素足が女性らしいですね。

柄の入ったハンドバッグや、春を意識したスモーキーピンクなニットでほどよくはずし。

ストールをぐるぐる巻いても上品に見えるのは、小ぶりなサイズ感とカシミヤの質感のおかげ。

カジュアルだけど上品な雰囲気を演出

引用:http://wear.jp/watsurow/5654830/

ジャケットがそのままコートになったような、個性的な形のテーラードコートが主役。

白ニットの縦ラインと、細身なデニムで縦長なコーディネートになっています。

シンプルなカジュアルかと思いきや、エッジのきいたスタッズが印象的なサイドゴアブーツや、フリンジや持ち手のリングが個性的なバッグの黒小物で引き締めて辛めに。

こだわりが見えるコーディネート。

こだわりのある秋冬スタイル

引用:http://wear.jp/minori0206/8729839/

インに着たニットがちょっとしか見えないのに主役といってもいいほどのポイントに。

鮮やかで一見合わせにくそうですが、見える面積を狭めてやるとつかいやすそうですね。冬の寒色の多いコーディネートを一気に明るくしてくれるさし色に。

ひざ下まであるダッフルコートは最近よく見ますよね。

一枚であたたかさとトレンド感をもたらす優秀アイテム。大き目のコートの中にデニムジャケットを重ねるのもおしゃれ。

アイテムの使い方がお洒落

引用:http://wear.jp/minori0206/8675882/

ネイティブ柄のフードコートがきいてますね。

エスニックな雰囲気のアイテムは、シンプルなカジュアルコーディネートに一点投入するとほどよいアクセントに。

デニムの切りっぱなし裾のロールアップがこなれた抜け感があってかわいいです。

色味は白系と青系で統一されていて、コーディネートがまとまっています。白の配置やネイティブ柄の青の鮮やかさが絶妙で、全体に明るい雰囲気に。

上品でラフなスタイル

引用:http://wear.jp/eri0743096dh/8636793/

上品なハットやきれいな形のコート、アクセサリーのような小ぶりなバッグ、素足にヒールパンプスときれいめなコーディネートですが、グレーのニットとスエットパンツのセットアップ風な着こなしでカジュアルダウン。

ですが、ニットやスエットパンツも細身のシンプルなデザインのものを選んで、きれいな印象を崩さないのがレディな仕上がりに。

実は人気のレオパードのファーコート

引用:http://wear.jp/iii586iii/8714606/

レオパード柄のファーコートがリッチでかっこいい女に仕上がっていますね。

ノーカラーのデザインで首元がすっきりしているのと、ウエストよりも高めの位置できゅっと結ぶことによって目線を上にあげ、シルエットをX字にすることで膨れがちなファーコートを少しスリムに。

さらに首元やパンプスから見える素足でコーディネートのめりはりと女性らしさを。

上品な大人スタイル

引用:http://wear.jp/hanako722/8698476/

切れ込みの入ったスリムなシルエットのブーティーが個性的でおしゃれ。

大きめのサイズ感のガウンコートと、細身なデニム・ブーティーとのギャップが女性らしさを引き立てますね。

コートがビッグシルエットで明るいグレーの面積が大きいので、ほかのアイテムの色味を暗めにすることでバランスが取れ、めりはりのあるコーディネートに。

上品な大人カジュアル。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『【40代ファッション・女性】秋冬のコーディネートはコートが決め手!』というテーマでお送りしていきました。

40代秋冬ファッションのポイントをもう一度まとめますと・・・

  • 上品でナチュラルな雰囲気
  • 綺麗な色使い
  • 若い世代には無い色気
  • コートにこだわる

この4点になります。この4点をなるべく意識する事で、さらに魅力的な40代秋冬ファッションを楽しむ事ができるでしょう。d( ̄  ̄)

スポンサーリンク

この記事もよく読まれています

[clink url=”http://dorama-isho.com/archives/4101″] [clink url=”http://dorama-isho.com/archives/4293″]

FASHION JOURNAL特集記事