専業主婦・ママでもオシャレしたい【コスパよくオシャレするコツ】

専業主婦・ママでもオシャレしたい

オシャレはしたいけど、そこまでお金をかけることはできない。でもどうにかして雑誌モデルやインスタグラマーみたいにオシャレな服装をしたい。

できれば家計に負担をかけず、コスパ良くオシャレできる方法も知りたい。


そんな疑問にお答えしていきたいと思います。

✔️【この記事の内容】

  1. 専業主婦なら覚えて欲しいオシャレの注意点
  2. 専業主婦でもコスパよくオシャレになれるコツ
  3. ファッションレンタルを利用するのもアリ
  4. 専業主婦にオススメしないNGアイテム

この記事を参考にすることで、専業主婦・ママの悩みでもある家計に、全く負担をかけることなくオシャレをすることができますよ♪

専業主婦・ママなら覚えて欲しいオシャレの注意点

コスパよくオシャレになれる方法を解説する前に、覚えておいて欲しいことが2点あります。

これを覚えておかないと、後悔する可能性がありますので、ぜひチェックしてください。

周りと雰囲気を合わせる方が無難

オシャレをする前に、注意しておきたい点は「周りの専業主婦・ママとの服装の雰囲気を合わせる方が無難」という点です。

なぜなら、周りと違う服装をしていると、ストレスが溜まる可能性があるからです。

実際に、このような事例はたくさんあります。

【事例】

専業主婦が毎日違う服を着てきれいな格好をしているのってそんなにいけないことでしょうか?

子供と公園に行くのでも、近所のスーパー・コンビニに行くだけでも毎日違った服・靴で全身コーデして出掛けます。

そのことについてママ友や近所の方々にあれこれ言われてストレスに感じています。

具体的には、

  • 小さい子供がいてよくそんな服着たり気を遣ったりできるよね~
  • もっと他のことにお金を使った方がいいんじゃない?
  • あまりおしゃれにしてると夫が窮屈に感じるはず
  • 専業主婦がそんなにおしゃれしてどうするの
  • こないだ持ってたバッグ、○○(ブランド名)のでしょ~、ネットで調べたよ

などなど。。

更には「周りのママに合わせるべき!」というのまでありました。

引用:Yahoo!知恵袋

実際に上記のような事例がたくさんありますので、注意したいところです。

気にしないのであれば、問題はありませんが、ママ友とギクシャクする関係であれば、コーディネートする服装は少し考えた方が良いかと思います。

独身時代と服装は変わる可能性も

専業主婦・ママにもなれば、家族の付き合いだけではなくなってきますよね。

つまり、好きな服装ができなくなるということも考慮しておくと良いでしょう。

ただ、そんなこといちいち気にしない家族であれば、問題ないです。

専業主婦・ママでもコスパよくオシャレになれるコツ

✔️【オシャレになれるコツ】

  1. 質の良いブランドをちょっとずつ揃える
  2. ワンシーズン毎にメインアイテムを買う
  3. ファストファッションでオシャレする
  4. シンプルなアイテムを着回す
管理人
では順番にご紹介していきます。

質の良いブランドをちょっとずつ揃える

コスパよくオシャレしたいのであれば「質の良いブランドを少しずつ揃えていく」のが有効手段です。

『欲しい!!』と思わず手が出そうになるオシャレなアイテムは、どうしても価格が高くなります。

良いものであれば、ジャケットで2万円〜3万円はくだらないでしょう。

ですが、家計のこともありますので、そこまで高い服を購入することはできないですよね。

なので、質の良いブランドを1年を通してちょっとずつ増やしていけばO.Kです。時間はかかりますが、確実にオシャレになれます。

✔️【デメリット】

自分の理想としているコーデを実践するまでに時間がかかってしまうのが、デメリットになります。

パンツ(ボトムス)を固定する

「パンツを統一する」ことも有効手段の1つです。

例えば、パンツは黒で統一して、トップスだけをワンシーズン毎に購入することで、着回しが効くようになります。

黒パンツ着回しコーデ

パンツは固定なので、上だけを購入すれば、コスパよくオシャレをすることができますよ♪

✔️【デメリット】

パンツを固定しますので、できるコーディネートの幅が狭くなる可能性があります。

ファストファッションでオシャレする

コスパよくオシャレをしたいのであれば「ファストファッションで服を購入」するのもありです。

オシャレなハイブランドだと2万円〜3万円するジャケットが、ファストブランドだと5千円〜8千円ほどで購入できますので、コスパがかなり良いです。

✔️【人気ファストブランド】

  • ユニクロ
  • GU
  • H&M
  • ZARA
  • ベルシュカ

この辺りで購入すればO.Kです。

ただ、他のママ友もファストブランドで購入している可能性が高いので、服がかぶってしまうというデメリットもあります。

シンプルなアイテムを着回す

ファストブランドを服を購入する際は「シンプルなアイテム」を購入するようにしましょう。

シンプルなアイテムですと、他のアイテムと着回すことができますので、幅広いコーディネートをおこなうことができます。

✔️【デメリット】

シンプルな服を買い過ぎてしまうと、地味になってしまう可能性があります。

ファッションレンタルを利用するのもアリ【コスパ最強】

コスパよくオシャレをしたいのであれば「ファッションレンタルサービス」を利用するのもあり!

コスパ的にも非常に良いので、家計を乱すことなく簡単にオシャレをすることができますよ♪

当サイト(ファッションジャーナル)では「エアークローゼット」をオススメしていまして、料金体型が良心的なので、ぜひ参加しておきたい♪

エアークローゼットの料金体型
プラン 料金 特徴
月1回
(3着)
6,800円
(月額)
①スタイリストが服を選ぶ
②返却期限なし
③クリーニング込み
借り放題 9,800円
(月額)
①スタイリストが服を選ぶ
②返却期限なし
③クリーニング込み
④借り放題
⑤安心レンタルサポート
⑥過去アイテム購入可能

月1回プランですと、6,800円で毎月3着が自宅に届きます。

1ボックスあたり、32,800円相当のアイテムが入っていますので、思っている以上にオシャレをすることができます。

借り放題プランを選びますと、月に何回でも服の交換ができるので、外出のたびに新しいコーディネートが楽しめます。


毎月6,800円以上のお買い物をしている専業主婦・ママは月1回プランでお得になりますし、毎月1万円以上のお買い物をするママは借り放題プランがお得になるでしょう。

これなら、いつもだったら着れないオシャレな服を簡単に、そして安くで着れるようになりますよ♪

ーー

▼エアークローゼットの評判・口コミはこちら

エアークローゼットの評判を口コミから徹底調査!ブランドは?

2017.12.22

専業主婦・ママにオススメしないNGアイテム

ここまで専業主婦・ママがコスパよくオシャレになれるコツを解説していきました。

ですが「主婦・ママだからこそできないファッション」というものがあります。

それは以下の2点になります。

✔️【主婦・ママだからこそできないNGアイテム】

  • 古着
  • 高い洋服

古着

いくら安くてオシャレでも、できるだけ古着を購入しないようにしましょう。

なぜなら、古着は服としての寿命が短くなっているからです。それに古いので、不潔っぽく見られる可能性もあります。

価格に関しては、ピンからキリですが、ジャケットで3,000円はするでしょう。

3,000円する古着のジャケットを購入するよりも「エアークローゼット」で清潔感のあるアイテムを着用した方が何倍も良いです。


管理人
でもね、エアークローゼットも古着なんじゃないですか?

確かにエアークローゼットはレンタルサービスなので、古着になります。

ですが、自宅に届くまでに特殊なクリーニングを実施していまして、しっかりと汚れを落としています。

古着のような独特な汚れは一切ないので安心してください。

高い洋服

高い服でなくてもオシャレできますよ♪

ファストブランドでトレンドになっているアイテムを購入したり、エアークローゼットのようなレンタルサービスでスタイリストが選んだ服をコーディネートできたりします。

なので、高い服を購入するのはNGです。

もったいないですからね。


管理人
でも、どうしても高い服が着たくなった場合はどうすれば?

その場合はエアークローゼットのように、ファッションレンタルサービスを使いましょう。

エアークローゼットですと、1着1万円以上のアイテムが気軽に着用することができますから♪

まとめ

今回は「専業主婦・ママでもオシャレしたい【コスパよくオシャレするコツ】」というテーマでお送りしていきました。

専業主婦でもオシャレになれるコツは、

  • 質の良いブランドをちょっとずつ揃える
  • パンツ(ボトムス)を固定する
  • ファストファッションでオシャレする
  • シンプルなアイテムを着回す

上記に集約できます。

また、上記が難しいのであれば、ファッションレンタルサービス「エアークローゼット」の使用も検討してみてくださいね♪

ーー

▼しまむらを使ったママコーデ

しまむらを使ったコーデ|ママがしたい着こなし特集!

2018.04.09

▼雨に日にしたいママコーデ

雨の日にしたいコーデ・お洒落なママの着こなし術!

2018.02.27

FASHION JOURNAL特集記事